やらなきゃいけないことはルーティンに組み込む! 困りごとの解決方法

やらなきゃいけないことを忘れる

 
 我が子は発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)グレーゾーンです。

 学校から帰宅すると、玄関から我が子の部屋までの間に抜け殻が点々と落とされていきます。

 あとちょっとなのに部屋までたどり着けなかったカバンや、脱ぎ捨てられたままハンガーに掛けられていない制服。

 どうしてこんなところにあるのかと不思議に思う場所で発見される靴下。

 朝になって出される水筒と、数え上げればキリがないですが、それらの困りごとを放っておいて困るのは我が子です。

 カバンが部屋までたどり着いていないということは、次の日の準備がなされていないということ。

 制服がハンガーに掛けられていないということは、次の日しわくちゃな制服を着なくてはいけないということ。

 靴下があちらこちらに落ちているということは、洗濯された靴下がそのうち無くなるということ。

 朝になって水筒を出すということは、水筒を持っていけなくなるということだからです。

続きを読む

苦手な科目だけ外注! 塾通いしない我が家

小さい頃からの学習習慣

 
 我が家には、学校から出された宿題の他にママ宿題というものがあります。

 1日1枚、曜日によって教科を変えて問題集のプリントを解くのです。

 病気などの時以外は毎日。

 土日は枚数が増えますから、1年で400枚以上のプリントを解きます。

 学校の宿題がない場合でもママ宿題は必ずありますから、毎日必ず勉強する時間が作られることになります。

 この”毎日必ず勉強する”という習慣が大事。

 コツコツと毎日勉強することで自然と学習する力が付いていくので、我が子は塾通いしたことがありませんでした。

 学校で英語学習が始まるまでは。

続きを読む

覚える教科はカードを活用! 一人クイズで楽しく覚えられる

まず、暗記以前の問題が…

 
 我が子は発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)グレーゾーンです。

 社会や理科、漢字や英単語などの暗記科目がとてつもなく苦手です。

 特に漢字。

 ”漢字練習帳に同じ漢字を繰り返し書く”という作業が我が子にとっては苦痛でしかないらしく、放り出す宿題のベスト1位に輝いています。

 苦手なことがたくさん散りばめられているのですから当然といえば当然です。

 我が子にとって何が嫌なのか。

 長年観察した結果、「原因はこれじゃないかな~?」という私の見解は以下の通りです。

続きを読む

集中力の持続に音楽が不可欠! 長時間の勉強にはyoutubeが大活躍

勉強に関しては集中力皆無

 
 我が子は発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)グレーゾーンです。

 ADHDの特性の一つですが、我が子も集中力がなかなか持続しません。

 好きな本なら何時間でも読んでいられますが、勉強となると集中力が全く無くなります。

 毎日の宿題は出される量が少ないので何とかこなしますが、夏休みなどで大量の課題が出ると、”大量の課題”を前に集中力だけでなくやる気も無くします。

 言わなければやりませんが、言ってもやりません。

 テコでも動こうとしない我が子にこちらが癇癪を起しそうになりますが、ここはぐっと我慢して、まずは我が子のために余裕たっぷりのスケジューリングです。

 気分は敏腕マネージャー。

 これならやってもいいかなと思わせる”お楽しみ”も加えたスケジュールを作り上げます。

続きを読む

宿題が「分からない」のではなく、答えが正しいのかが「分からない」

宿題が「分からない」

 
 我が子は発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)グレーゾーンです。

 恐らくですが、ASD(自閉症スペクトラム障害)も併発しています。

 そんな我が子は、宿題をやると必ずと言っていいほど「分からない」と言います。

 でも、学習障害があるわけではありません。

 私が見ているとスラスラと解けるのです。

 もちろん、ADHDの特徴であるケアレスミスはありますが、全体の8~9割で正解します。

 ですが、ちゃんと見ていない時や、見ていても黙っていると「分からない」と言い始め、しまいには宿題を放棄してしまいます。

 ここで宿題をやりなさいと言うと癇癪の嵐。

 だって分からないだもん! 分からない!

 私が見ていれば解けるのに、見ていないと「分からない」を連発し宿題を放棄する我が子。

 最初は構って欲しいからなのかとも思いましたが、我が子の「分からない」は違ったのです。

続きを読む

亀田の柿の種よりも美味しい? 大橋珍味堂の柿の種

チョコレートよりも柿の種

 
 我が子は柿の種が大好きです。

 パパが食べさせたのが最初だったと思いますが、柿の種の存在を知ってからというもの、おやつは主に柿の種になりました。

 スーパーなどで売られているありとあらゆる柿の種を食べ尽くし、結果、「亀田の柿の種(ノーマル)が一番美味しい」と最近は亀田の柿の種(ノーマル)ばかり購入していました。
 

 
 他の柿の種はもちろんのこと、亀田の柿の種から新しい味が出るたびに食べてみるのですが、やはり「亀田の柿の種(ノーマル)が一番だ」と。

 ところがです。

 子供の中で不動の地位を築いていたように見えた亀田の柿の種(ノーマル)を脅かす存在が現れました。

続きを読む

学校からのプリントがきちんと届くようになった! ファスナーケース

学校からのプリントがかなりの確率で行方不明になる

 
 我が子は発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)グレーゾーンです。

 色々と困りごとがありますが、中でも学校からのプリントが高確率で行方不明になります。

 学校からプリントをもらっても、学校に忘れてきたり、私に渡すのを忘れたり。

 時には、カバンの奥底からぐちゃぐちゃのプリントが発掘されたりもしていました。

 授業参観などで学校へ行けば、子供の机の中からプリントが出て来るわ出て来るわ…。

 私も子供が学校から帰って来てすぐ「プリントは?」と声掛けするようにしていましたが、本人がプリントをもらったこと自体忘れてしまっていたりと、なかなか根本的な解決策が見つけられずにいました。

 そんな時、子供自身がこう言いだしました。

 「忘れ物を無くしたい」

 もしかすると学校で何かあったのかもしれません。聞いても答えてはくれませんでしたが。

 子供自身が困ったと認識しなければ、こちらがあれこれ言っても響くことはありません。

 ここぞとばかりに、色々と調べておいた”忘れ物をしなくなる工夫”をプレゼンしました。

続きを読む